心身の健康や美のために

悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通ならば人をがんから保護する役目を担う物質を生成するための型である遺伝子の異常が引き金となって発病してしまう病気だと言われています。

高熱が特徴のインフルエンザに適応する予防策や手当というような基本の措置自体は、それが季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも同じです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が細くなり、血液の流れが途絶えて、酸素や大事な栄養が心筋に配達されず、筋細胞そのものが死ぬという大変怖い病気です。

学校等の大規模な集団生活をする中で、花粉症の症状が原因で他の友達と同様に外で楽しく走り回ることができないのは、患者である子どもにとっても寂しいことです。

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.などとは異なって、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を持っています。

過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的なストレス、高齢化などの多様な原因によって、インスリンの分泌量が減少したり、機能が低下したりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。

大多数の人に水虫といえば足を想像し、ことさら足の裏や指の間に発症する皮膚病だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する所は決して足しかないわけではなく、体のどこにでもうつってしまう可能性があるのです。

杉花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、乳幼児が発熱はしていないのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻水が出続けている症状なら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるかもしれません。

ヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在して緩衝材的な役目を担っている椎間板(ついかんばん)という円形の組織が飛び出てしまった症状の事を指しています。

内臓に脂肪が多く付いた肥満と診断されて、脂質(lipid)、高血圧、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に該当するケースを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。

亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に関係する色々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに深く関わる酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する要素としてなくてはならないミネラル分だといわれています。

「肝機能の減衰」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の値によって知ることができますが、特にここ数年肝臓の機能が落ちている人々が徐々に増えているそうです。

季節病ともいわれる花粉症とは、山林の杉や檜、松、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を呈する病気だということは、今や常識となりました。

パソコン画面の青っぽい光を低減するレンズの付いた専用眼鏡が特に人気を博している訳は、疲れ目の対策法に大勢の方が四苦八苦しているからでしょう。

「あまりにも忙しい」「上辺だけのいろんな付き合いが嫌でたまらない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化になかなか追いつけない」など、ストレスが溜まってしまう状況はみんな異なります。

30~39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい)」という病気にあてはまります(この国では40歳以下の比較的若い女性が閉経する状態を「早期閉経(premature menopause)」と呼んでいるのです)。

めまいは起こらないのに、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴だけを幾度も繰り返すパターンを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶ事がままあります。

ストレスが蓄積していく経過や手軽な抗ストレス方法など、ストレスに関係している適切な知識を学んでいる人は、現時点ではまだ多くないようです。

「肝機能の衰退」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3つの数値でモニタリングできますが、ここ数年で肝機能が減衰している人が徐々に増えていると言われています。

頸椎などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションのような役割を担っている椎間板(ついかんばん)という柔らかい円形の線維軟骨が飛び出てしまった症状のことを称しています。

肥満(obesity)の状態というのは勿論食生活の内容や運動不足が誘因ですが、量は変わらない食事をとっていても、慌てて食べ終わる早食いを日常化することにより脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるということが明らかになっています。

暴飲暴食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、老化など様々な素因が揃うと、インスリンの分泌量が減ったり、機能が落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病することになります。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活や運動はもちろんのこと、心身の健康や美のために、栄養を補うために様々な種類のサプリメントを摂る事が珍しくなくなっているのです。

日本における結核への対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に沿う形で推進されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは他の数多ある感染症と一まとめにして「感染症新法」という法律に沿って実行されることに決定しました。

もし婦人科の血液検査で残念ながらエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回り早発閉経(そうはつへいけい)と分かった場合、不足している女性ホルモンを補填する治療で治せます。

バイク事故や作業現場での転落など、かなり強い力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が起こってしまったり、開放骨折になってしまったり、更には臓器が破損してしまうこともあるのです。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内の脂肪の占めているウェートのことを指し、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算で把握できます。

軽い捻挫だろうと決めつけてしまい、湿布を貼って包帯やテーピングなどで一応固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませてからすかさず整形外科で診てもらうことが、快癒への近道だといえます。

高血圧(hypertension)が長く続くと、身体中の血管に大きな負荷がかかり、体中の様々な場所の血管に障害が生じて、合併症を併発する率が高くなると言われています。

陰金田虫(いんきんたむし)は20代~30代の比較的若い男性に患者が多く、ほぼ股間の辺りだけに広がり、激しく身体を動かしたり、入浴した後など身体が温まった時に猛烈な痒みをもたらします。

PR:エリミン 入手方法

コメントは受け付けていません。